若々しさを保つ為にボトックス注射を利用しよう【効果の高さとは】

レディ
  1. ホーム
  2. ボトックスを利用時の注意

ボトックスを利用時の注意

医者

効果は一時的

ボトックスには筋肉の緊張をほぐす作用があると言われています。美容皮膚科ではボトックス注射を使ったワキガや多汗症の治療、シワを目立たなくするなどのプチ整形術が行われています。注射器を使って薬剤を患部に注入するだけなので、短時間で施術を受けられる、顔などの場合は、施術後からメイクが出来るなどのメリットもあります。ちなみに、ボトックスはほうれい線を目立たなくする作用も期待が出来ると言われていますが、ほうれい線の場合にはヒアルロン酸を注入するなどの美容施術の方が良いとも言われており、薬剤を注入しただけではほうれい線を目立なくする事は難しい、より多くの量を注入する必要があるとも言います。ボトックス注射は自由診療の扱いになるため、施術を受けた場合の費用は全額負担になります。シワの量や大きさ、深さなどに応じてより多くのボトックス注射を行う必要があるなどからも、費用負担が大きくなってしまうケースもあります。美容皮膚科での美容施術は最初にカウンセリングを受けるのが一般的で、カウンセリングの中ではどれだけの量を注入すれば良いのかを教えて貰えます。一度の施術だけでシワが目立たなくなる、ワキガや多汗症の症状を緩和出来るのであれば、それほど多くの費用が発生する事はありませんが、数本の注入が必要になった時などは費用負担がどれだけになるのかを確認しておくのがお勧めです。ワキガや多汗症にもボトックス注射が有効と言われていますが、ワキガの症状が自分でも脇臭が分かるほどの重度な症状の場合、薬剤を注入して治療を受けても、それほど効果の期待が出来ないケースもありますし、多汗症の場合も手の平から汗がしたたり落ちるような重度の症状では、ボトックスだけでは緩和が難しいと言います。重度の症状であるのか否かは、美容皮膚科での診察を受ける事が分かりますし、カウンセリングを受ける時に症状を確認して貰い、効果が期待出来るのかを確認しておくのがお勧めです。ボトックス注射はシワであれば、シワがある部分に注射器の針を刺して薬剤を注入する事になるので、顔の施術などからも経験や実績を持つ病院を選ぶのがお勧めです。また、ワキガや多汗症などについても、注入する量がどの程度必要になるのかを把握しておく事がポイントと言えましょう。尚、ボトックス注射は施術を受ける事で効果をすぐに期待出来るメリットがありますが、薬剤の持続効果は永遠に続くものではありません。持続効果は薬剤の投与量や個人差などがあり、症状を抑えられる期間は3ヶ月から6ヶ月と言われており、薬剤効果が下がると元の状態に戻る事も把握しておかなければなりません。