矯正装置までの治療

歯ブラシの絵を描く

歯科矯正とは、出っ歯や八重歯、受け口などの不正咬合を綺麗な歯列に戻すための治療です。
歯列が悪いまま放置しておくと、虫歯になりやすくなったり、食事が取りづらいなどの健康被害を及ぼす可能性があります。
さらに容姿を美しくするためでもあります。
最近では、歯科矯正は小さなお子様の時からスタートされる方が少なくありません。
歯科検診などを定期的に受け、不正咬合を指摘されると、ご両親が積極的に子供の歯を綺麗にしようとする動向があります。
さらにこれからも子供の将来を考え、矯正治療を小さな頃から始める方が増加していくと見られます。
しかしまだまだ発達の途中である子供の頃から矯正治療を始めると、一定の期間で終了することが出来るため、お勧めです。

歯科矯正は、保険適応が出来ない治療なため、高額な費用がかかってしまいます。
それでも子供のためにと親が一生懸命に治療に連れていくということも少なくありません。
しかし、ここで注意をしておかなければならないことがあります。
歯を矯正するのは患者である子供です。
そのため、子供が医療福祉共に揃えた歯科医院で安心して治療を進めていかなければなりません。
医療の技術がどれほど進歩しても、福祉面で子供が不安定になってしまうようであれば、歯科を変えるなどの試みをするように親は配慮しなければなりません。
子供の将来のための治療に高い費用を支払う親からすれば、きちんと通ってほしいと願ってしまいます。
しかし、治療を受ける側の気持ちに寄り添い、一緒に治療を受けていくことが大事です。